地区協議会であいましょう!

【山陰地区協議会】定期総会を開催しました。

地区協議会であいましょう!
【山陰地区協議会】定期総会を開催しました。

12月3日(金)、「山陰地区協議会定期総会」をWeb&対面にて開催しました。フード連合中四国九州ブロック局長よりご挨拶を賜りました。

全体で10名、5単組が出席し、2021年度の活動方針や予算、新役員などについて採決がされました。 

2020年度の活動報告では、山陰地区協議会としてコロナ禍で活動が制限される中、何を取り組もうか考えました。そして、次年度に繋がる取り組みとして組合員全員を巻き込んで「知ろう使おう仲間の商品キャンペーン」を実施しました。今後の取り組みに繋げていくアンケートを作成し、そのアンケートを提出した組合員にもれなく商品をプレゼント。商品は、各単組から持ち寄り、各単組の商品を知っていただくことや、労働組合として会社の売上にも貢献しました。(別紙アンケート集計)
今年度は、そのアンケートをもとに活動に取り入れて行きたいと考えています。

<フード連合の仲間へひとこと(自由記載)>

コロナ禍で組合活動をするにもなかなか難しい状況にはあると思いますが、こういう時だからこそ、職場のみんなで知恵を出し合って、組合活動に取り組んで行きましょう。山陰地区協は、人数も少なく細々と活動をしておりますが、他単組と共闘し前向きに取り組んで行きます。

<参加単組名>

大山乳業労組、島根中酪労組、白バラ商事労組、全たばこ鳥取支部、日本ハム(Web参加)